ガラスの水垢除去

ガラスの水垢除去

発生の原因 

img

大気中のホコリや汚れが雨水などによりガラス表面に付着。徐々に蓄積した汚れがガラスの表面に固着したものが水垢です。窓ガラスの水垢の原因は、雨により建築物外装部材からしみ出たモルタルの組成成分(炭酸カルシウムや酸化ケイ素 など)です。表面に付着した物質がガラス表面に凹凸を作ることでホコリや排気ガスなどの大気中の汚れの付着を促進、太陽光線によりガラス表面で化学反応を起こしながら焼かれ、結晶化します。室内の水垢は、主に水道水に含まれる炭酸カルシウムやミネラル成分が原因です。ガラスの表面は平らなようで細かな凹凸があり、浴室ではシャンプーや石けん、室内では空気中のホコリなどが付着し続けると水滴がつきやすくなり水垢の付着を促進します。

 

除去方法 

一度付着した水垢は洗剤を使って掃除しても科学的に分解されない為、完全に除去する方法は研磨になります。初期段階であれば、酸性洗浄剤で除去可能なものもありますが、洗剤が強すぎるとガラス表面を痛めることになるので注意が必要です。ガラス表面は一度傷めると再生不可能な為、さらに水垢が付着すると言う悪循環に。研磨除去に使用する研磨剤には粉状、ペースト状、ゲル状など様々なタイプがあり、ガラス表面を擦るパッドも表面を傷つけない専用のものを使います。

料金

※ガラスの大きさや汚れ具合、枚数で決まりますのでお気軽にお問合せください。

ご利用実績

  • スポーツ施設
  • ホテル
  • 温泉施設
  • 健康センター
  • 一般家庭(窓ガラス、鏡)など